格安sim

今話題の格安simの欠点とは?デメリット以上に大きい節約効果について

dash
dash
どうもこんにちは!節約ブロガーのdashです!今回は今話題沸騰中の格安simについて紹介するよ!

というのも僕自身キャリア携帯は半年ぐらいしか使ってことがありません。しかもガラケーですwwだってキャリア携帯の料金が高いんだもん!

僕みたいな手取り16万円の都心で一人暮らしのサラリーマンがスマホ代に1万円も払ってられませんww

そしてスマホをキャリア携帯から格安simに乗り換えるだけで、maxで月に6,000円節約できる人もいるので、ぜひ節約ブロガーの僕としては格安simをめちゃくちゃ推奨してますww

と言っても格安simは大手キャリア携帯と比べると欠点ももちんあります。すべてが欠点がないなんてありえませんからね。ということで今回は格安simの欠点について解説していきましょう!

こんな人にお勧めの記事です!
  1. 現在なかなか貯金できずに悩んでいる人
  2. そもそもスマホ代に月に1万円以上払っていてスマホ代を安くしたい人
  3. 格安simに興味があるけれど欠点もしっかりと知りたい人

にお勧めできる記事です。

 

僕自身なかなかお金が貯まらずに悩んでいた時期がありました。でも携帯をキャリア携帯から格安simに乗り換えるだけでマジで月にmax6,000円の節約が可能です。

つまり年間で72,000円も浮いちゃいます!これだけのお金があれば旅行に行く事も可能ですよね。格安simを2年以上愛用している僕が格安simの欠点を包み隠さずに紹介していきましょう!

格安simの主な欠点ポイントとは?

dash
dash
では早速格安simの欠点ポイントについて解説していくよ!

格安simが大手キャリア携帯に比べて主に6つの欠点ポイントがあります。

格安simのおもな欠点6選
  1. 通信速度がキャリアよりも遅い
  2. 通話料金が高くなりがち
  3. 現在使っているスマホで格安simを使う場合ロック解除が必要
  4. キャリアメールが使えない
  5. ラインID検索が出来ない
  6. 店舗が少ないのでトラブル対応は基本電話

です。

欠点1通信速度が大手キャリアより遅い

まず一つ目の格安simの欠点が通信速度がキャリアより遅い点です。というのもこれは格安simの性質上しょうがないんです。

格安simは大手キャリアの電話回線を借りている立場なので大手キャリアより通信速度が速くなる事はありません。

しかし格安simを使っている僕としてはそこまで遅い!と感じた事はないです。それこそビッグローブモバイルの場合ですが、回線が混むと言われる平日の昼時でもウェブページは2秒以内に開きますし、youtube動画もちょいちょい読み込みが入りますが許容範囲です。

なのでスマホがめちゃくちゃ早くないとダメ!というこだわりがなければ別に全く使えないほどの遅さでもないのでお勧めです。

欠点2通話料金が高くなりがち

格安simの欠点の二つ目が通話料金が高くなりがちな点です。なぜならば格安simには大手キャリア携帯みたいに無制限にかけ放題がある格安simが少ないからです。

(格安simではありませんが楽天モバイルは特定のアプリを使えば、電話料金が無料になるサービスを開始しました。)

僕が使っているbiglobeモバイルでは、60分ならば月額600円などというサービスがあるのですが、かけ放題プランはありません。

なので電話をよく使う人にとって見れば格安simは通話料金が高くなりがちです。

でも僕もですが今ってラインとかで通話するじゃないですか。僕も家族とのやり取りはほとんどラインです。僕のように基本ラインの通話が中心の方はそこまで欠点にならないはず。

dash
dash
格安simは電話かけ放題プランがなくて通話料金が高くなりがちだけど、ラインでの通話が中心ならばさほど欠点にならないよ!

欠点3現在使っているスマホで格安simを使う場合ロック解除が必要

三つ目の格安simの欠点が、現在使っているスマホで格安simを使う場合はロック解除が必要になる事です。俗にいうsimロック解除です。

そもそもなぜsimロック解除が必要かというと大手キャリアが、顧客がすぐに別のキャリア携帯に乗り換えないようにするため。

まぁ簡単に言うと囲い込みです。なので例えばau携帯を使っていて、ドコモの格安simに乗り換えたいときは端末のsimロック解除が必要となります。

キャリアがauで格安simもauの場合はそのまま使うことが出来るのでsimロック解除は不要です。

 

simロック解除と聞くとなんか難しいイメージが強い方が多いかもしれません。しかし手続き自体は非常に簡単です。詳しい方法については下記記事で紹介しているのでご覧ください。

dash
dash
苦手意識をもって格安simに乗り換えないのはソンソン!手続きは簡単なので是非乗り換えてみよう!

欠点4キャリアメールが使えない

そして4つ目の欠点がキャリアメールが使えない事です。格安simは大手キャリア携帯の電波を借りているだけなので、キャリアメールを使うことが出来ません。

僕は格安simを使っていてキャリアメールは使えないのですが、いうほどキャリアメールって使う機会なくね?とうのが僕の考えです。

マジでキャリアメールの使い道ってないと僕は思うんですよ。実際僕はフリーメールのGメールやブログで使っているドメインのメールを使っているので、キャリアメールがなくても生きていけます。

むしろキャリアメールは出会い系とかの迷惑メールばかりが届くイメージがあるので、正直ない方がましですww

dash
dash
格安simはキャリアメールが使えないけれど、フリーメールを活用すれば問題ナッシング!

欠点5ラインのID検索が使えない

そして格安simの欠点はラインIDが使えない事です。というのも格安simは年齢認証ができない仕組みになってて、ID検索の利用が出来ないんです。

ID検索で今まで友達を検索していた方にとってはかなり欠点になる部分です。しかし格安simの中で唯一ID検索ができる格安simがあります。

それがラインモバイルです。

まぁラインが提供している格安simなのでID検索が出来るわけですが、もしどうしてもラインのID検索が出来ないのはダメ!

って方はラインモバイルの一択ですね。ラインモバイルについての詳しい記事はこちらで紹介しているので、ぜひご覧ください!

dash
dash
ラインモバイルはラインのID検索が絶対に使いたい方はラインモバイルで一択!

欠点6 店舗が少ないのでトラブル対応は基本電話

そして最後の欠点は格安sim会社の店舗が少ないので、トラブル対応は基本電話になる点です。

格安smはキャリア携帯から電波を借りて、十店舗を持たない事で料金を安く設定しています。

なのでもし携帯にトラブルがあれば基本的に電話対応が中心です。よく携帯電話のトラブルで店舗に相談している方にとっては大きな欠点ポイントです。

とはいえ僕自身格安simを2年以上使ってますが、トラブルが起きて対応してほしいことがないので、あまり欠点だと感じてないですね。ちょっとトラブル対応時に店舗で対応出来なくても別にいいよ!って方は格安simはお勧めです!

dash
dash
格安simは店舗がないので迅速なトラブル対応が出来ないのが欠点。でもあまり店舗でトラブル対応をお願いしたことがなければ格安simがお勧め!

とはいえ格安simの欠点を踏まえても魅力的な料金プランは節約するためには必須条件!

ここまで格安simを紹介してきましたが、基本的に欠点はある程度カバーすることが出来ます。先程も紹介しましたがキャリアメールが使えないのならばフリーメルを活用するなど、いくらでもカバーする方法があります。

そして格安simで欠点を踏まえてもやっぱり格安simの魅力は料金プランです。例えば下記の画像は某大手キャリアの料金趣味レーションになります。

iPhone機種と料金プランで1万円越え。

まじで高すぎるやろこれ( ゚Д゚)

ちなみに僕の場合機種はAQUOSですが、月額4,000円です。なので月額6,000円もスマホ代をお得に使えてます。

なので僕からしてみればスマホ代で1万円も使うなんてやばすぎ!というのが僕の考えです。

スマホ代でそんなにお金を使うくらいならば,旅行代にした方がもっと有意義にお金使えるのに!

と思っちゃいます。

 

なので僕は馬鹿高いキャリア携帯は半年ぐらい使ってすぐに解約しましたww

dash
dash
節約を本気でしたいのならば、まずは馬鹿高いキャリア携帯から見直そう!

まとめ 今話題の格安simは欠点もあるけど節約効果大なので乗り換えを検討すべき!

dash
dash
最後のまとめです!

今回は格安simの欠点について紹介しました。確かに格安simは欠点もあるのですが、それをふまえても格安simの料金プランは節約する上でも欠かせないポイントです。

個人的にはエンタメフリーオプションがあるビッグローブモバイルがお勧めです。youtubeやラインミュージックがギガ数無制限で利用できるので、youtubeをよく見る人にとってはお勧めの格安simですよ!

詳しいビッグローブモバイルの情報については下記の記事をご覧ください。

 

そのほかのお勧めの格安simの情報はこちらの記事で紹介中です。

 

以上です!またね!dashでした。

節約ロードマップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA