biglobeモバイルお悩み相談室

biglobeモバイルは解約後の再契約は可能?注意すべき点を紹介!

どうもこんにちは!節約ブロガーのdashです!今回はbiglobeモバイルに関するよくある質問に答えていきましょう!

今回のよくある質問はbiglobeモバイルは解約後の再契約は可能なのか?という疑問です。最近多いのが格安simを乗り換えてキャッシュバックでスマホをお得に使う方法などがあったりします。

今でいうと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT で利用料が1年無料だから乗り換えよう!みたいなケースですね。

実際乗り換えてみて、「やっぱりbiglobeモバイルがいいかな?」と思ったときに再度契約できるのか?知りたいですよね?

ということで今回biglobeモバイルを解約して乗り換えることは可能なのか?というテーマで記事を書いていきましょう!

biglobeモバイルでは解約後も再契約は可能!でも解約月の再契約は無理!

まず初めにbiglobeモバイルを解約して再契約は出来るのか?ということですが、再契約は可能です!でも一つだけ注意点があります。

 

それは解約月に再度契約することは出来ない点です

 

例えば例をあげますね。

1月に解約申し込みをした場合。1月中にまた再度biglobeモバイルを再契約することは出来ないって事です。

 

普通に考えてみれば当然ですよね?その月に再契約するんだったらなぜ解約するの?って話ですから(笑)なのでbiglobeモバイルの解約手続きをした月には再契約をすることは出来ないので覚えておきましょう!

 

という事でここからは

biglobeモバイルを解約するときに注意しておくべきポイント

を紹介していきます。

biglopbeモバイルを解約する場合注意すべきポイントが

  1. 音声通話simは解約時に日割り計算がされない
  2. データsimの場合、25日から末日は翌月末契約になる
  3. 端末を分割購入している場合は残債が残ってしまう
  4. 12月以内の解除の場合解約料1,000円がかかる

です。

1音声通話simの解約は計算が日割りされない

まず一つ目の注意点は、音声通話simを申し込む場合は日割り計算がされない点は注意すべきポイントです。

例えば5月3日に解約しようが5月20日に解約しようが、契約期間は月末まで続きます。

もしかしたらキャリア携帯等を使っていて解約時には日割り計算だった人からすると、「biglobeモバイルは日割りじゃないんか~い!」と困惑してしまうかもしれません。

逆を考えてしまうといつ解約しても月末まで使えるって事です。

 

なのでもし別の格安simに乗り換えを検討している場合には、乗り換え先の格安simの開始日を月初めから利用出来るように設定しておく。

そうするととスムーズかつ、無駄な料金を支払う事もなくなります。

 

ただし!現在biglobeモバイルで使っている電話番号を他者の携帯で引き続き使うMNPで乗り換える場合は要注意!

転出の手続きが完了したらもうbiglobeモバイルは使えなくなってしまうので、乗り換えの手続きのタイミングを考える必要があります。なのでmnpを月末ギリギリで続きを行って、新しい携帯会社に乗り換える。これが一番無難な方法です。

 

2データsimを契約している場合には25日から末日解約は翌月末解約になる

 

二つ目の注意点としては、データsim契約者の場合は25日から末日解約は翌月末解約になることです。

つまり簡単にいうと25日から末日に解約しちゃうと翌月まで契約続いて料金も発生するというなんですよね~。

 

なのでデータsimの解約して他社の携帯会社に乗り換える場合には出来るだけ早く解約して、25日から他社の携帯を使えるように準備しておく必要があります。

 

もちろん25日から翌月まで使う予定がないのでしたら問題ナッシングですが、「出来るだけ乗り換え時の空白に日時を作りたくない!」という方は25日から乗り換える会社のssimの契約をしましょうね!

3,端末を分割購入している場合は残債が残るリスク

そして三つ目の注意点が、端末代を分割で購入している場合は残債が残るケースがある点です。biglobeモバイルでは現在、2年間でスマホの端末を購入できる仕組みがあります。

 

つまり2年以上契約している場合には端末代がゼロで乗り換えが可能ですが、2年以内の場合には残債が残ってしまうリスクがあるんです。

しかし別の格安sim会社に乗り換える場合。simカードだけ申し込んで現在使っているスマホに使っちゃえば、端末の二重払いがなくなります。

 

ただ一つだけ注意点があります。端末のsimロック解除が必要な場合がある事です。simロックとは別のキャリア携帯では端末が使えないようにするロック機能。

なのでbiglobeモバイルでau回線。乗り換え先ではソフトバンク回線を契約する。となるともしかしたら端末が使えない可能性があります。その場合はbiglobreモバイル会社に電話でsimロック解除手続きを行いましょう。

 

SIMロック解除のお申し込みは、電話で受付いたします(無償)。
以下の窓口にお問い合わせください。
BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

お電話の際は、BIGLOBE ID、お名前、ご登録の電話番号、SIMロック解除する端末のIMEI番号をお知らせください。

 

412か月以内での解約は1,000円の違約金が発生

そして最後の問題点は、12か月以内での解約は1,000円の違約金が発生してしまいます。正直1,000円の違約金はそこまで大きくはないものの、期間が12月より近い状態ならば12か月目を待ってから解約する事をお勧めします。

そもそも論として、端末を分割で購入した方などは端末の残債が残っちゃうので、基本的には2年使う事になるはずです。しかし早期に解約する場合には違約金1,000円が発生するんだな。ということはあなたの片隅に覚えておきましょう!

まとめ biglobeモバイルは解約後の再契約は可能b!でも早期解約はデメリットが多いので注意!

最後のまとめです!

 

今回はbiglobeモバイルは解約後の再契約は可能なのか?というテーマで記事を書いてみました!結論として解約後の再契約は可能!でも解約月には再契約は出来ないよ~!という事です。

biglobeモバイルを解約する方法はこちらの記事で詳しく解説しているのでご確認ください。正直biglobeモバイルを2年以上使っている僕としては何の不満もなく使い続けています。

エンタメフリーオプションは最強だし、スマホ代も大手キャリア携帯よりも全然安い。なので今のところ僕自身はbiglobeモバイルから乗り換える気はないし、びっぷろプログラムのプラチナグレードまで契約し続けるのが僕の目標だったりします(笑)

という事で本日は以上です!またね♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA